合宿免許は教習所内の建物や周囲のホテルおよび宿泊所に滞在して免許証を確保します。1日あたり4時限くらいの教習を受講します。第一段階は場内において敢行され、技能教習については1日につき2時限、第2段階は道路上での技能教習を3時限まで受けることができます。教習制限の決まりを十分に活用して、短い間に徹底的に免許取得のための講義を行います。合宿免許の教習のための費用は普通の教習所より教習コストがリーズナブルなところが少なくありません。言うまでもなく、合宿免許の教習コストの中には宿泊に掛かる費用であるとか食事代金等を入れています。教習の能率を高め余分を除く事で無駄の排除が可能となり教習コストがリーズナブルとなっているようです。運転免許を安い金額で取りたいと希望される方には推奨できる取得方法になります。

合宿免許活用のメリット

合宿免許の素晴らしさとして数週間くらいで教習所を卒業することが可能な事です。通常の教習所に行った場合は1ヶ月は入用になる事が珍しくありません。しかしながら合宿免許につきましては、教習の計画そのものがAT車において14日間、さらにMT車において16日間で出来上がることになります。ストレスを感じにくい免許取得をしたいと考える人には本当に素晴らしいシステムです。そのほかの利点に幸せに免許取得出来ることが考えられます。合宿先の観光スポットに行ってエンジョイできることになります。教習は集中して実施されますが、そうは言っても1日当たり4時間程です。それに加えて、日曜日は休みの日のケースが多いようです。隙間時間を利用して観光旅行を思う存分楽しむことが可能になります。合宿免許であれば、見知らぬ方と知り合える醍醐味も見受けられます。一般的な生活では手に入らない色々な人たちとのコンタクトを楽しんで手に入れた運転免許は生涯の宝となると考えられます。

合宿免許での取得に向いている人

車の免許を取得するのに、合宿免許で取得する方法と教習所に通って取得する方法があります。簡単に言えば学校の授業のように毎日通って取得するのと泊まりがけで集中して取得する方法です。どちらが向いているかはまず教習所の立地条件にあります。自宅から教習所まで距離がある人、例えば離島に住んでいたり市街地までが遠い人などは毎日通うのはしんどいです。そして短期間で取得したい人にも合宿はお勧めです。通う人は自身の都合で受けられない時間や予定がずれ込む事が考えられます。合宿の場合には合宿の為のカリキュラムが決められているため無駄な時間がありません。また自宅で勉強する時には邪魔になりそうな誘惑される娯楽物などに囲まれずに講習を受けられます。筆記試験対策やその日の予習などを集中して行う事が可能です。集中力の持続が短い人は合宿向きです。